タイ保健当局 米モデルナ社製コロナワクチンを承認

政府報道官によれば、保健省食品医薬品局(FDA)が5月13日、スペインで製造された、米モデルナ社が開発した新型コロナワクチンの使用を承認した。

マドリードに本社を構えるROVIファーマ・インダストリアル・サービシズ社が製造する同ワクチンは、米ファイザー製と同じmRNAワクチンで、ファイザー製より温度管理が容易となっている。タイにはズエリグ・ファーマ社によって輸入されることになっている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る