タイの刑務所で大型クラスターが発生 今月の陽性者が9783人に

矯正局によれば、タイ国内の刑務所では新型コロナの感染が拡大しており、これに歯止めをかけるべく受刑者に対する早期ワクチン接種が検討されている。

5月12~16日に刑務所8カ所で実施された検査では陽性者が9783人にのぼり、チェンマイ中央刑務所では受刑者6469人のうち3929人の感染が検査で判明した。

矯正局のアユット局長は、「最近になって大規模な検査が実施されて刑務所における感染状況が判明した」と述べ、「刑務所での新型コロナ蔓延を隠蔽していた」との批判に反論した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る