ワクチン接種 予約なしのウォークイン方式導入に首相が難色

 ワクチン接種を加速して新型コロナの感染拡大に歯止めをかけるべく関係当局が予約なしでワクチン接種を受けられる会場の開設を計画しているが、関係筋によれば、5月18日の閣議の席上、プラユット首相はこの計画に慎重姿勢を示した。

首相によれば、とりわけバンコクは人口が多く、会場に大勢の人が詰めかけ、接種できずに不満を抱く人も出て混乱状態になることが懸念されるため、人々がスムーズに接種を受けられるよう手続や対策を事前に検討・決定してから接種会場を開設すべきという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る