新型コロナ感染拡大で非常事態宣言が延長

新型コロナウイルス感染症対策センターのタウィシン報道官によれば、プラユット首相を議長に同センターで5月21日に開かれた会議で、有効な新型コロナ対策を打ち出すための非常事態宣言を7月末まで延長することが合意された。これは25日の閣議で正式承認される予定。宣言の延長は、現在の感染第3波で感染者の増加が続いていることによるもの。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る