サムットプラカン県の集合住宅で集団感染 バンプー工業団地勤務者多数

バンコクに隣接するサムットプラカン県の集合住宅群で新型コロナの集団感染が起きていることが判明した。ムアンサムットプラカン郡(県庁所在地)にあるこの集合住宅群でセンニ住人約8000人を対象に検査を実施したところ、約800人が陽性だったという。住人の中にはバンプー工業団地にある事業所に勤めている人もいるが、同団地では数百人に及ぶ陽性者が出ていた。このため集合住宅群の住人全員の検査を行うことになった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る