ワクチン緊急使用承認に向けファイザーが必要書類を提出

タイでワクチンを接種するには保健省食品医薬品局(FDA)の承認が必要だが、この承認を取得するためファイザー・タイランド社がこのほど、同社製新型コロナワクチンに関する必要書類を提出した。タイ政府は先にファイザー製ワクチン2000万回分を発注することを承認しており、これは今年第4四半期にタイに届けられる予定という。アヌティン保健相は、「ファイザー製ワクチンは12歳から接種できるとされており、学生に接種する予定」と説明している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る