コロナワクチン集団接種 多くの病院で一時中止 首相が謝罪

全国で6月7日に開始された新型コロナワクチンに集団接種であるが、ワクチン不足が原因で数多くの病院が集団接種を一時中止していることについて、プラユット首相は15日、予約していたにもかかわらず接種を受けられなかった人々に謝罪した。

首相によれば、政府は全国に合計700万回分のワクチンを配分しており、これまでに650万回分が接種されたが、病院や接種会場の多くが早い段階でワクチン不足が生じ接種中止を余儀なくされているという。

首相は、「国民が最大限の利益を得られ、また、国民の不安を和らげることができるよう我々は問題の解決策を見いだす所存だ」としている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る