新型コロナ 新規感染136人 累計1524人 タイ保健省(3月30日発表)

スクム保健事務次官は3月30日、新たに136人の新型コロナウイルス感染が判明して累計感染者数が1524人、新たに2人が死亡して累計死亡者数が9人に増えたと発表するとともに、12日ごろからバンコク以外で感染確認が増加し、29日時点でバンコク以外で確認された感染者が全体の54%を占めていると報告した。

新たに判明した感染者136人の内訳であるが、第1グループ71人(ボクシングスタジアム関連2人、過去に感染が起きたとみられる娯楽施設に出入りしていた10人、感染者の濃厚接触者59人)。第2グループ59人(最近帰国・入国したタイ人17人、ロシア人、アルバニア人、フランス人、インド人各1人、人込みや外国人が多く出入りする場所で働いていた15人、医療従事者2人、人込みに行ったことのある3人、公共輸送機関を利用した4人、その他の感染源からの感染が考えられる14人)。また感染経路を調査中の第3グループは6人となる。

新たに死亡した2人は、南部ヤラ県の54歳男性とバンコクの病院に入院していた56歳女性。3月30日時点で感染者1524人のうち1388人が入院治療中(23人は重症)、127人が回復して退院、9人が死亡している。

関連記事

ページ上部へ戻る