プーケット観光を条件付き再開 首相「リスクを受け入れる必要がある」

タイ南部の観光の島、プーケット県がワクチン接種済みの外国人客を隔離措置なしで受け入れる計画を7月1日に開始したことについて、プラユット首相は同日、「リスクを受け入れる必要がある」と述べ、この計画が何らの問題につながりかねないものの、タイの観光業を生き返らせるためには不可欠なものであるとの見方を示した。

首相は1日、プーケット国際空港で同計画のもとで同地に降り立った外国人観光客を歓迎した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る