ノンタブリ県でコロナワクチン異種混合接種を開始

バンコクに隣接するノンタブリ県は7月13日、初回にシノバック製ワクチンの接種を受けた人に2回目としてアストラゼネカ製ワクチンを接種する異種混合接種を同日から開始すると発表した。

保健省は12日に異種混合接種の方針を打ち出したが、ノンタブリ県はこの方針に添って接種方法を変更した初めてのケースとなる。異種混合接種は病院以外の接種会場で行われている。なお、初回にアストラゼネカ製ワクチンを接種した人には予定通りにアストラゼネカ製が接種されるという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る