タイへの航空機乗り入れ規制を5月31日まで延長

タイ民間航空事務所(CAAT)は4月27日、タイへの航空機乗り入れ原則禁止措置を5月31日まで延長すると発表した。これで4月3日にスタートした事実上空路での入国禁止措置は2カ月に及ぶことになる。

またこれまで同様、(1)政府もしくは軍用航空機(2)緊急着陸を行う航空機(3)乗客の降機を伴わない給油目的の着陸を行う航空機(4)人道支援目的・医療目的もしくは新型コロナ感染者を支援するための物品輸送を行う航空機(5)本国送還のため飛行が許可されている航空機(6)貨物輸送のみ運航が許可される。なお、タイ入国後は14日間、指定施設で強制的に隔離される。

関連記事

ページ上部へ戻る