保険当局 保険会社の新型コロナ保険解約を阻止

保険評議会事務所(OIC)のスティポン事務局長は7月16日、保険会社の「シンマンコン」が先に同社が販売している新型コロナ保険をすべて取りやめると発表したことに対し、OICは同社が保険解約を認めないと報告した。

同社によれば、感染者増加で保険金の支払いが拡大して新型コロナ保険を取り巻く状況が悪化していることから、掛け金の一部を返却することで同保険をすべて無効とすることにしたという。

だが、同事務局長は、「国民が苦難に直面しているこのような時に、人々が合法的に加入した保険を無効にするようなことはせずに消費者を守らなければならない」と反論している。

アーカイブ

ページ上部へ戻る