民間病院チェーンによるファイザー製ワクチン調達は失敗の見通し

病院チェーンを運営するトンブリ・ヘルスケア・グループ(THG)のブン会長は8月4日、THGが目指していたファイザー製ワクチン2000万回分調達について「90%の確率で失敗に終わると考えている」と述べた。

同会長によれば、ワクチン輸入の権限がある公的機関がワクチン取得に向けて動いてきたが、3カ月経過した現在もワクチン調達のめどは立っていないという。同機関は「ある問題」に直面しており、この問題を乗り越えられないのが現状。このため、手付金5億~6億バーツを没収されたとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る