フィットネスセンターなどが下院委員会に制限緩和求める

フィットネスセンターの経営者やパーソナルトレーナーなどのグループがこのほど、下院スポーツ委員会に対し、業務を再開できるよう新型コロナ感染対策の制限措置を緩和するよう要請した。

グループの代表によれば、フィットネス業界では感染拡大を予防しながらフィットネス施設を利用できるようなプランを打ち出しており、また、政府がフィットネスセンターの利用を人々に奨励すべく租税上の優遇措置を実施することなどを望んでいるとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る