学生への新型コロナワクチン接種がスタート 対象は504万人

全国の12-18歳の学生504万人あまりを対象とした新型コロナワクチンの集団接種が10月3日にスタートした。これは新型コロナの感染拡大で11月にずれ込んだ新学期開始に備えたもの。ワクチン接種に伴い多く学校が新学期から対面授業を再開する見通しという。

教育省によれば、学生へのワクチン接種は感染リスクが最も高いとされている29都県でまず実施される。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る