5月3日から食堂やコンビニでアルコール飲料の販売が再開

5月1日付官報を通じてプラユット首相は非常事態宣下における規制緩和の対象を発表。このなかで食堂やコンビニエンスストアなどでのアルコール飲料販売も許可されることになった。ただし、店内での飲酒は認められない。なお、最終的な告知権限は各都県の新型コロナウイルス感染症対策委員会にあるため、2日午前中(タイ時間)に実施詳細が発表される予定だ。

4月30日、内務事務次官はアルコール飲料の販売禁止は当面継続すると明言したが、わずか1日で撤回されることとなった。

関連記事

ページ上部へ戻る