新型コロナ治療薬「モルヌピラピル」 12月に調達可能か

米メルク社が開発中の新型コロナ用経口治療薬「モルヌピラピル」について、保健省医療サービス局のソムサク局長はこのほど、購入契約の草案ができあがっており、現在政府部内で草案の文言のチェックが進められているところだと説明するとともに、この薬が12月にタイに届くとの見通しを明らかにした。同局は現在、メルク社の子会社、MSD(タイランド)社と治療薬購入に向けて調整を行っているところという。

同局によれば、この治療薬が使用可能となるのは、米国とタイの食品医薬品局が緊急使用を許可したあとだが、許可が出るのは早くても11月か12月の見通しとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る