モデルナ製ワクチン接種予約取り消しには払い戻しせず

私立病院協会は10月14日、米モデルナ製新型コロナワクチン接種を私立病院で予約を取り消した人に対し、支払われた料金を払い戻す方針のないことを再確認した。ただ、接種の延期や接種の権利を人に譲ることは可能という。

私立病院でのモデルナ製ワクチンの接種について同協会は当初、10月に開始されるとしていたが、今は「最初の出荷分190万回分がタイに届くのは11月」と説明している。

このため、接種を予約していた人の間からは、キャンセルするので支払った料金を返却してほしいとの声も多数上がっているとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る