総選挙の日程決定 経済界が歓迎 新政権には経済政策継続求める

3月24日に総選挙を実施することが1月23日に正式発表され、民政復帰に向けた道筋がようやく明確になったことを受け、タイ商工会議所のカリン会頭は同日、「投資家はタイの政治の向うべき道がはっきりしたことでタイでの投資に自信を持てるようになる」と、選挙日程の確定を歓迎するコメントを発表した。

同会頭はさらに、総選挙で誕生する新政権には、現政権の打ち出した経済政策、例えば「東部経済回廊(EEC)」などを推進してほしい、との考えも示した。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る