昨年の輸出成長率 4%の目標上回る5.5% 国境貿易に伸び

タイ商務省は1月24日、昨年(2022年)の輸出が対前年比で5.5%増の2870億米ドルに達し、成長率目標の4%を上回ったと発表した。昨年の輸入は同13.6%増の3030億米ドルで、貿易収支は161億米ドルの赤字だった。

チュリン副首相兼商務相は、昨年の輸出が目標を超えたことについて、「近隣国と障壁を減らすために交渉し、国境貿易を促進するなど商務省の貿易拡大努力が実った」と説明している。

ただ、昨年10月から12月の3カ月間、世界経済の減速に伴う貿易相手国の購買力低下などでタイの輸出は対前年同月を下回った。

アーカイブ

ページ上部へ戻る