ダムにソーラーパネルを浮かべて発電 近く閣議承認の見通し

タイ発電公社(EGAT)によれば、EGATはタイ国内の9カ所のダムの水面にソーラーパネルを浮かべ発電するという計画について近く閣議に承認を求める予定だ。

第一弾として東北部ウボンラチャタニ県のシリントーン・ダムに20億バーツをかけ総発電量45メガワットのソーラーパネルを浮かべる予定という。

テーパラットEGAT副総裁によれば、9カ所のダムにソーラーパネルを浮かべることで合計2725メガワットの発電が可能になるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る