タイ観光業界 タイ貢献党政権の誕生に期待

タイ貢献党を中核とする連立政権の誕生にタイ国内の観光業界から待望論が出ている。これはタクシン派・タイ貢献党に対し多くの人が「商売上手」との印象を抱いていることが要因という。

タイ旅行代理店協会(ATTA)首脳によれば、これまで続いたプラユット元陸軍司令官を首相とする親軍部政権に比べて、経済政策で実績のある貢献党が中心となった政府が誕生すれば、経済成長に重点を置いた政策が打ち出され、観光産業の回復・成長も加速することが期待されるとのことだ。 また、新政権にはこれまでプラユット政権を支えてきたタイ威信党が参加する見通しで、同党のピパット副党首が観光スポーツ相を続投する可能性が高いが、これに伴う観光政策の継続は観光業にとってプラスになるとみられている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る