セーター首相が投資誘致のため妻のテスラに乗車

セーター首相はこのほど、自身の妻が乗っている白のテスラに乗車して、報道陣を前にテスラに関心のあることをアピールした。この車はテスラの中型5人乗りSUV「モデルY」で、日本での販売価格は583万空754万円ほどとなっている。セーター首相は、「来月にはテスラ首脳に会う予定で、彼らの心を掴むために妻の車を借りて乗ってみた。政府から公用車として支給されているベンツSクラスよりテスラのほうが乗り降りが楽」と話している。

テスラは昨年4月に現地法人「テスラ(タイランド)」を設立しており、タイでのテスラ車の販売が増加。タイ政府はテスラが対タイ投資を増額し、タイで電気自動車を生産することを望んでいる。

アーカイブ

ページ上部へ戻る