タイ運輸省 空港免税店の運営業者選定のための入札を延期

タイ国内4空港の免税店すべてを運営する業者1社を選ぶため、運輸相傘下のタイ空港社(AOT)の予定していた入札が延期されることになった。これはプラユット首相が先に「独占」に懸念を表明したことに伴うもの。

アーコム運輸相は3月15日、「AOTは運輸省傘下の国営企業であり、懸念される事項はすべて検討する必要がある」と指摘するとともに、「入札はすべての懸念が検討されるまで延期となる」と発表した。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る