タイ主要空港の免税店運営権 1社独占計画に小売業者が「分割」要求

タイ国内主要空港を管理・運営するタイ空港社(AOT)は4空港の免税店運営を一括して業者1社に任せることを計画しているが、タイ小売業者協会(TRA)のウォラウット会長はこのほど、「この計画は免税店ビジネスの独占を許すもので問題」として、運営権を分割して複数の業者に付与するよう求めた。

同会長によれば、具体的には扱う商品別に複数の業者に運営権を付与すべきであり、空港についてもスワンナプーム空港、プーケット空港、チェンマイ空港・ハートヤイ空港の3つに分割して運営権を付与すべきとのことだ。

なお、AOTの計画についてはプラユット首相も否定的な見解を示しており、このため先に入札が取りやめになった。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る