財務省が観光促進策を中止 「賢くない税金の使い方」との批判受け

タイ国内を旅行するタイ国民に1人当たり1500バーツを提供して観光業を促進することを財務省では計画していたが、「もっと賢い税金の使い方があるはず」といった批判が出ていたことから、この計画は取り下げられることになった。

計画には総額150億バーツが投入される予定で、財務省は中央予算からの拠出を考えていたが、同省が当てにしていた財源が観光促進に使用できないと判明したことも計画中止の一因とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る