3空港を結ぶ高速鉄道 5月半ばに契約調印の見通し

ソムキット副首相(経済担当)によれば、スワンナプーム、ドンムアン、ウタパオの3空港を結ぶ高速鉄道整備について、チャルン・ポーカパン(CP)グループ率いる企業グループとタイ国有鉄道(SRT)の間で5月半ばにも契約が締結される見通しという。

先の入札でCPを中核とする企業グループが最も低い工事費を提示し落札。現在、法務当局が同グループとの契約内容について精査している。今後、契約草案を5月13日に東部経済回廊(EEC)政策委員会に提出。同委員会および閣議の承認を得た後、契約調印となる予定だ。

関連記事

ページ上部へ戻る