第1四半期経済成長は輸出低調により3.4 %を下回る見通し タイ中銀が指摘

タイ中央銀行では今年第1四半期(1~3月)のタイ経済成長見通しを3.4%としているが、実際の成長率はこれを下回る可能性があるという。タイ中銀幹部によれば、輸出が予想以上に低調であることが理由。

「第1四半期は3.4%に届かないだろう。中銀は第2四半期の見通しを3%としているが、第1四半期もこれ(3%)に近いものにとどまるだろう」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る