タイ航空 新たに旅客機購入か 5月中に閣議承認求める予定

タイ国際航空(THAI)のスメート社長によれば、同社は1560億バーツで新たに旅客機38機を購入するか借り受けることを計画しており、5月中に閣議の承認を求める予定という。うち31機この先5年のうちに届けられる見通しという。今月中に同社はソムキット副首相(経済担当)の承認を得てから内閣の承認を得たい考え。

一方、同社は収入拡大のため新しい路線でのサービスを計画しており、近く役員会に今年11月のバンコク=仙台路線開始を申請する予定という。

関連記事

ページ上部へ戻る