タイ発電公社 中古車を電気自動車に改造 販売予定は2020年

タイ発電公社(EGAT)のチラポン副総裁によれば、EGATはエンジンを搭載した中古車を電気自動車に改造して2020年に売り出すことを計画しているという。

EGATは現在、国立科学技術開発機関と協力して日本メーカーの比較的小型の車を電気自動車に改造する研究を進めている。

同副総裁によれば、中古車を電気自動車に改造するには、以前は1台50万バーツ程度かかったが、今はバッテリーやモーターなどが安くなっているため30万バーツほどで済むとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る