財務省 7月にタイ経済成長見通し発表 輸出減速で下方修正か

財務省財政政策室(FPO)は7月に今年のタイ経済成長見通しを発表する予定であるが、FPOのポンチャイ顧問はこのほど、見通しの下方修正が必要となるのであれば、輸出減速が原因の可能性が最も高いとの見方を示した。

今年のタイの輸出は世界経済の低迷と米中貿易摩擦の影響を受け減速することが懸念されており、これによりタイ経済の成長が鈍化する可能性があるという。

商業省によれば、これまでの輸出は前年同月比で1月が5.7%減、2月が5.9%増、3月が4.9%減。第1四半期(1~3月)の輸出は前年同期比1.6%減となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る