タイとラオスを結ぶインフラ整備を推進 運輸相が発表

アーコム運輸相によれば、政府は今後タイとラオスを結ぶ様々なインフラ整備を推進する方針という。

具体的には、6番目のタイ・ラオス友好橋を建設するプロジェクトで26億3000万バーツをタイ側の橋建設、4億バーツを土地収用に投入する。一方、ラオス政府はラオス側の橋建設に約13億バーツを投入する。

このほか、両国を結ぶ全長139キロメートルの4車線自動車専用道も建設される予定だ。

関連記事

ページ上部へ戻る