プーケット路面電車計画、間もなく論争決着の見通し

パイリン副運輸相によれば、観光の島として知られる南部プーケット県で路面電車を整備する計画が間もなくまとまる見通しという。この計画では線路の建設を巡って論争が起きていたが、決着がつきつつあるとのこと。

路面電車は空港からムアン郡(県庁所在地)までの区間に整備される予定だが、これまでに一部を高架とするか否かなどについて意見が対立していた。今のところ、プーケットの路面電車は来年着工、2024年開業の見通し。

関連記事

ページ上部へ戻る