タイ空港社 プーケットとチェンマイで新空港建設を計画

タイ国内の主要6空港を管理・運営するタイ空港社(AOT)のニティナイ社長によれば、AOTは新政権に対し、南部プーケットと北部チェンマイでの新空港建設などを含む開発計画に2020億バーツの予算割り当てを求める予定だ。

計画では、プーケットに年間1000万人が利用可能な新空港を750億バーツで建設。チェンマイにも年間1000万人以上の利用が可能な新空港を150億バーツで建設する予定という。なお、空港建設用地の収用には約1年かかる見通し。

関連記事

ページ上部へ戻る