タイ中銀総裁 政策金利引き上げでタイは独自基準

長年にわたり1.5%に据え置かれてきた政策金利について「利上げが間近」との見方も出ているが、タイ中央銀行のウィラタイ総裁はこのほど、中銀の金融政策委員会(MPC)では、景気回復・インフレ・財政状況の3要素を検討して政策金利を決めていると説明した。

これは米国など経済先進国とは異なる基準であり、他国が政策金利を引き上げたとしても、それだけの理由でMPCが利上げに動くことはないとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る