水不足でコメ輸出が減少の恐れ 過去7年で最悪の可能性も

タイ・コメ輸出業者協会のチュキアット名誉会長によれば、8月に入っても少なく干ばつが長引くようなら、コメの生産量が減少し今年のコメ輸出は850万トン程度にとどまる可能性があるという。この輸出量は過去7年での最低となる。

同名誉会長は、「今年は、水不足とバーツ高の高進で、コメ産業にとっては厳しい年」と話している。

関連記事

ページ上部へ戻る