タイ商業省 もち米30万袋を廉価販売 干ばつの影響で値上がり続く

チュリン副首相兼商業相によれば、生活必需品などを廉価販売する「トンファー(青旗)」キャンペーンの下、数日中にもち米の廉価販売が開始される予定という。

タイで「カオニアオ」と呼ばれるもち米は東北部などで主食となっているが、干ばつの影響で収穫量が減少し値上がりが続いている。

商業省担当者によれば、東北部、北部、中央部のトンファーショップで、もち米が2キロ入り70バーツ、5キロ入り160バーツで合計30万袋ほど販売される予定だ。

関連記事

ページ上部へ戻る