マツダ・タイ 今年の新車販売見通しを下方修正 104万台に

マツダセールス(タイランド)は、106万台としていた今年の新車販売見通しを国内外のマイナス要因を考慮して104万台に引き下げた。マツダ車についても、今年の販売見通しが7万5000台から6万5000台に引き下げられた。

チャンチャイ同社社長によれば、米中貿易摩擦などがタイ経済に影を落とし、新車販売にブレーキをかけているとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る