空港間の高速鉄道整備計画 CPが契約締結の意向を確認

チャルンポーカパン(CP)グループ主導の企業集団が落札した3空港を高速鉄道で結ぶ計画について、同グループはこのほど、予定通りに10月25日にタイ国有鉄道(SRT)との契約に調印する意向であることを確認したという。

契約調印は当初15日に予定されていたが、先にSRTの取締役全員が辞任したことから25日に延期されることになった。

また、関係閣僚からはCPグループが自分たちに有利になるよう根回しをしていると批判する声も出ていた。

なお、ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの3空港の間に高速鉄道を整備する計画は総工費が2240億バーツにのぼる。

関連記事

ページ上部へ戻る