予算カットも商務省の優先計画に変更なし

チュリン商務相によれば、商務省に割り当てられる今年度予算が7.7%、5億9900万バーツ減の98億1200万バーツとされる見通しだが、同省が優先的に実施しようとしている計画に変更はないとのことだ。

これらは、輸出促進、農家の所得保障、生活費監視、貿易交渉などの計画。商務省によれば、予算カットはコメの備蓄にかかる費用を負担しなくてよくなったことが主要因という。

関連記事

ページ上部へ戻る