「タイ国際航空は危機的状況」との報道を社長が否定

タイを代表する航空会社であるタイ国際航空(THAI)のスメート社長は10月23日、「『THAIが危機的状況にある』との最近の報道は誤解に基づいたものだ」と説明し、THAIの経営が破綻するとの見方を否定した。

この報道は先に同社長がTHAI幹部を前にして述べた厳しい現状認識のコメントに端を発するものというが、同社長によれば、THAIの経営再生計画を成功させるべく最大限の努力が必要と伝えることがコメントの真意だったという。

同社長はまた、「THAIがASEAN域内で複数の路線を取りやめる方針」との一部報道を否定した。

関連記事

ページ上部へ戻る