タイ大臣が速やかな5G導入の必要性を指摘 ベトナムを強く意識

スウィット高等教育・科学・研究・改革相は10月30日、「タイの中小企業を復活させる5G」と題されたセミナーの席上、タイは5G技術を導入すべきであり、導入しなかったら後れをとってしまうと訴えた。5Gとは第5世代移動通信システムのことで、現行の4Gを通信速度などで上回るものとなっている。

大臣によれば、近隣国の中ではベトナムがすでに5G実施計画を打ち出しており、タイも速やかに5Gを採用しないと不利益を被ることになるという。

関連記事

ページ上部へ戻る