タイ労相 「タイの失業率は1%にすぎない」「現行最低賃金は適切なレベル」

チャトゥモンコン労相はこのほど、「失業者が増えている」と一部指摘に対し、「タイの失業率は1%にすぎない」と反論した。

このほか、最低賃金について労相は、「国の収入から判断すれば適切なレベルにある。少なくもなく多くもない」と指摘した。

なお、労働省雇用局によれば、現在の求人の人数は全国で約7万9000人分に達するという。

関連記事

ページ上部へ戻る