コメ輸出業者 農協省にコメの品質向上を求める 近隣国の追い上げに焦り

国際的なコメの品評会「ワールド・ベスト・ライス・コンテスト」でタイ米が昨年と今年の2年連続で最高賞を逃したことから、タイ・コメ輸出業者協会のチュキアット名誉会長がこのほど、農協省に対しタイ米の品質の引き上げにさらに努力するよう要請した。

タイの高級米である香り米のカオホームマリ(ジャスミンライス)はこの品評会で2009年、10年、14年、16年、17年と5回にわたって最高賞を獲得。だが、昨年はカンボジア米、今年はベトナム米が最高賞に輝いた。

同名誉会長は、「農業省はタイ米の開発・改善に集中する必要がある。隣国のベトナムもカンボジアもすでに我々に追いついている」と指摘している。

関連記事

ページ上部へ戻る