タイ中銀が政策金利を過去最低の1%に引き下げ

タイ中央銀行は2月5日の金融政策委員会で政策金利(翌日物レポ金利)を0.25ポイント引き下げ1%とすることを委員7人全員の賛成で決定した。

中銀によれば、新型コロナウイルスの感染拡大、今年度予算の執行遅延、深刻な干ばつがタイ経済の成長にブレーキをかける恐れがあることから政策金利を過去最低となる1%に引き下げることにした。

関連記事

ページ上部へ戻る