債権者はタイ国際航空の破産ではなく業務続行を希望か

経営危機に直面し破産裁判所の許可のもとで会社更生手続を受けることになったタイ国際航空(THAI)について、関係筋はこのほど、債権者はTHAIを破産させるのではなく、借金返済ができるよう会社更生手続を通じて経営再建を実現させたいと考えていると指摘した。

THAIはタイを代表する航空会社だが、赤字経営が続いており、昨年末時点での負債総額は約2450億バーツとされている。

同筋は、「THAIを破産させれば、債権者もトラブルに見舞われる。旅客ビジネスを続けさせることが両者にとり最善策」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る