北部ラムプン県 日本からの投資増に備え工業ゾーン拡張を申請

タイ北部ラムプン県はこのほど、日本からの投資増加に対応すべく同県内の「パープル・ゾーン」(工業用ゾーン)を拡張するよう内務省に申請した。

具体的には、パープル・ゾーンを拡張するため都市計画の変更を県が要請した。同県知事は、「ゾーン拡張によって電子産業への投資を増やし、ベトナムなどへの生産拠点移転を防ぐことができる。多くの既存企業が生産拡大のため用地を欲しがっており、その面積は合計3000-5000ライ(480-800ヘクタール)に及ぶ」と話している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る