輸出9%成長の目標達成は困難 中銀アナリストが懸念

タイ中央銀行は今年の輸出が9%成長するとの見通しを示しているが、中銀の経済アナリスト、ポンペン女史はこのほど、予想通りの輸出拡大は難しいとの見方を示した。

これは9月の輸出減少幅が中銀の予想を上回るものだったことなどが原因。10月の輸出がどの程度拡大あるいは減少するかで輸出が見通し通りになるか否かがはっきりするとのことだ。

同女史は、「中銀は今年の輸出の成長率を9%と見込んでいるが、今年1~9月期の輸出は前年同期を8・1%上回ったにすぎない。通年の成長率を9%にするには、10月から12月までの残り3カ月間の成長が11・4%でなければならないが、これは極めて高いハードルと言わざるを得ない」と指摘している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る