中国人観光客120人が特別観光ビザで訪タイ プーケットが受け入れ準備

観光業立て直しのためタイ政府が導入した特別観光ビザ(STV)スキームのもとで間もなく南部の観光の島、プーケットを中国人観光客120人が訪れる予定であり、現地ではその準備が進められている。

具体的には10月8日に広州からの観光客120人を乗せたフライトがプーケットに到着。新型コロナ感染拡大を防止するため14日間の隔離後、プーケット観光が許可される。プーケット保健当局によれば、同地では待機施設として9つのホテル9の計1222室が確保されているという。

関連記事

ページ上部へ戻る