首相顧問のセータプット氏がタイ中銀総裁に就任

新年度初日の10月1日、首相の経済顧問などを務めたセータプット氏が第21代のタイ中央銀行総裁に就任した。米エール大学で経済博士号を取得したあと、米マッキンゼー・アンド・カンパニーや世界銀行で勤務。タイ帰国後は中銀の金融政策委員会(MPC)の委員を務めていた。

関連記事

ページ上部へ戻る